チャンピックス を使って禁煙をしよう

タバコを吸うと気持ちがすっきりして、ちょっとしたストレス解消になります。
仕事の合間などに一服するという方も多いのではないかと思います。
ですが、このタバコは身体にはとても有害なものなのです。
長期間にわたってタバコを吸い続けてしまうと、肺がんなどにかかるリスクが高くなってしまいます。
さらには本人だけでなく、受動喫煙によって周りの人達も健康も犯してしまう可能性もあります。
健康のためには、タバコはできるだけ吸わない方がよいかもしれませんね。
しかしながら、タバコは依存性が極めて高いものであるため、禁煙したいと思ってもそう簡単にはいかないことが多いです。
途中でタバコが吸いたくなってしまい、禁煙に失敗してしまったという方はたくさんいらっしゃいます。
タバコが吸いたくなってしまうのは、ニコチンのせいなのです。
ニコチンは依存性がとても高い物質です。
ニコチンが切れてしまうと禁断症状が起こってしまうため、タバコを止めたいという強い意志だけでは禁煙は難しくなってしまうのです。
そのようなニコチン依存の状態を断ち切って、スムーズな禁煙に導いてくれるのがチャンピックスというお薬です。
こちらは、ファイザー株式会社が製造・販売を行っている禁煙補助薬です。
有効成分として、バレニクリン酒石酸塩が含まれています。
バレニクリン酒石酸塩は、ニコチンと非常によく似た構造をしています。
この成分がニコチン受容体に結合すると、微量のドーパミンを脳内に放出させる働きをします。
その働きによって、ニコチン依存の状態を断ち切ることができ、タバコを吸いたいという気持ちが沸かなくなってくるのです。
このチャンピックスを使い続けていくうちに、だんだんとタバコが不味く感じられるようになってきます。
そして、最終的にはタバコを吸いたいという気持ちが起こらなくなってくるのです。
この薬の利用期間は、12週間が基本となっています。
最初の1週間に関しては、もしもタバコが吸いたくなってしまった場合には、喫煙しても問題ありません。
但し、8日目以降からは、本格的な喫煙期間に入りますのでタバコは吸えません。
きっちりと12週間薬を使い続けることによって、喫煙の成功率が高まります。
自己判断で途中でやめてしまうと、失敗してしまうこともありますので、しっかりと12週間の利用を守ることがポイントです。
実際に、多くの方がこの禁煙補助薬のおかげでタバコを止めることに成功しています。
ちなみに、この薬での禁煙成功率は、50パーセント近くにもなっているとも言われています。
タバコを本気で止めたいと考えている方は、このチャンピックスを使ってみてはどうでしょうか?このチャンピックスは、禁煙外来などで処方を受けることができます。
場合によっては、保険の適用を受けることもできます。
保険での治療が受けられれば、チャンピックスを安く利用することができます。
医師とよく相談してみて、利用を検討してみてください。

Comments are closed.