チャンピックスでタバコを止めることができました

私は、ヘビースモーカーでした。
社会人になってからは、10年以上もタバコを吸い続ける毎日でした。
一日に一箱以上はタバコを吸っていましたね。
なぜ、たくさんのタバコを吸っていたのかというと、仕事のストレスを紛らわすためでした。

私の働いている職場は非常に忙しくて、かつ人間関係も厳しいのです。
仕事で溜まってしまったストレスを解消するために、私は昼休みや空き時間に一服することで気分転換をしていたのです。
確かに、タバコを吸うことによって、一時的にですがストレスを解消することはできました。

すっとした爽快感が得られるので、その時だけは仕事での悩みも忘れて、すっきりした気持ちになれましたね。
でも、このままタバコを吸い続けていたら、いつか身体を壊してしまうのではないかという不安感もあったのです。
私の同僚が子供が生まれたのをきっかけに禁煙したという話を聞いて、自分も禁煙にチャレンジしてみようという気持ちになりました。
ですが、途中でタバコが吸いたくなってしまい、1日も禁煙することが出来なかったのです。
自分がこれほどまでにタバコの依存症になっていることに気がつき、びっくりしてしまいました。

その話を同僚にしてみたところ、チャンピックスという禁煙補助薬のことを教えてもらいました。
同僚はこの禁煙補助薬を使ったことによって、禁煙に成功することが出来たのだそうです。

私は禁煙治療を行っているクリニックへ行って、このチャンピックスを処方してもらいました。
医師からは、チャンピックスは12週間継続して使うことが大切だというアドバイスを頂いたので、この期間は頑張って禁煙にチャレンジしてみようと思いました。
禁煙を開始した最初の1週間までは準備期間なのでタバコを吸ってもよいとのことだったので、私は何度か吸ってしまいました。
この期間は薬を飲んでいても、タバコを吸いたいという気持ちを抑えることができませんでしたね。

8日目からは、本格的な禁煙開始となるので、タバコを吸わないように心掛けました。
ですが、やっぱり途中で吸いたくなってしまい、2回ほど喫煙をしてしまいました。
その時は、罪悪感が残りましたね。
チャンピックスの服用を続けていくうちに、だんだんとタバコを吸いたいという気持ちが薄れてきたのです。
10週間目くらいには、まったくタバコに興味が持てなくなったのです。

そして、12週間目には、無事に禁煙に成功することが出来たのです。
タバコを止めたことによって、空気の新鮮さに気がつくことができ、今までよりもストレスを感じにくくなりました。

また、タバコが吸いたいという気持ちがかえって、ストレスを高めていたということに、気がつくことができました。
せっかく禁煙に成功できたのですから、また吸ってしまわないためにも、仕事が辛く感じたときにはコーヒーを淹れるなどして工夫をしています。
チャンピックスのおかげで、タバコを止めることが出来て本当に感謝しています。

Comments are closed.