将来のためにチャンピックスで禁煙に成功しよう

禁煙を成功させるには我慢をずっと続ければ間違いなく可能です。
しかし、煙草のニコチンには中毒性があります。
人間の脳にはα4β2ニコチン受容体という神経細胞があるのですが、煙草を吸っただけで、すぐに肺から脳へニコチンが流れて、このα4β2ニコチン受容体とニコチンが合体してドーパミンが放出されてしまうのです。

champix76ドーパミンは快感や幸福感が得られるため、煙草を吸い続けていると、これが慢性化してニコチンを脳が常に欲しいと感じてしまう状態になってしまいます。
これが禁煙が難しいと言われる煙草の中毒性メカニズムで、この脳の欲求に打ち勝つためには、できる限り医薬品のサポートを受けなければなりません。
その医薬品には色々なタイプがありますが、もっともお勧めなのは手軽な飲むタイプのものです。

中でもチャンピックスは禁煙を助ける作用が認められており、世界中で利用されている医薬品で、使用者の多くが禁煙に成功している実績があります。
その作用はチャンピックスの有効成分であるバレニクリン酒石酸塩が、前述したα4β2ニコチン受容体と結合することです。
そして、ドーパミンをニコチンが結合したときよりも、少量を放出させるのですが、これによってニコチン切れによるイライラの症状を軽くしてくれるのです。
また、チャンピックスを服用していると、もし煙草を吸ってしまったとしても、ニコチンがα4β2ニコチン受容体に結合するのを邪魔してくれます。

ですから、禁煙中に一服してしまったとき、脳がニコチンによる満足感を得られにくい状態にして、ニコチン切れによる禁煙のリバウンドを回避できるのです。
この二つの効果によって、禁煙を助けるくれるのが、この薬の最大の特長というわけです。

チャンピックスを利用した禁煙治療は基本的に12週間続きます。
つまり3ヶ月ほど続くのですが、最初の1週目は喫煙可能で、8日目から禁煙ということになります。
服用方法はまず最初の3日間は0.5mgの錠剤を食後に1回、4~7日目は0.5mgの錠剤を朝晩の食後に1回ずつ、その後の2週目からは1mgの錠剤を朝晩の食後に1回ずつになります。
たったこれだけで禁煙成功に近づくというのは信じられないかもしれませんが、本当にたったこれだけのことなのです。

非常にお手軽で誰でもできるのが良い所ではありますが、服用に関しては注意点もあります。
まず、軽い吐き気や頭痛が起こるという副作用が、人によってはあるのです。

もっともこれはニコチン依存症における中毒症状の一つで仕方ないところもあるのですが、もしこのような症状が重いときはなるべく医師に相談してください。
チャンピックスは価格が少々高いですが、安いところなら1箱8千円から1万円くらいでしょう。
最安値なども紹介されていますので、便利ですね。

薬にコストは掛かっても、この先ずっと煙草を買い続けることを思えば安いものですし、将来の病気のリスクが減る可能性も高いので、禁煙に成功したい方は一度試してみることをお勧めします。

Comments are closed.